ブログトップ

Flight Hobby Blog

flighthobb.exblog.jp

フライトホビー情報の発信等

e0259877_2011205.jpg
自分の演技の飛行コースの判別って操縦者から見た目じゃ分からないですよね。
レーザー距離計とかがあれば正確に測れるかも知れませんが誰も持っていません。
という事でグーグルアースの画像から飛行場の位置関係を調べてラインを引きました。

e0259877_20481094.jpg
先日空撮した画像です。黄色いラインが175m付近。
地形では分かりづらいですが赤丸の部分の水際が目安になりそうです。

e0259877_20482322.jpg
同じく逆方向から見た飛行コース。
ルールでは175mまでは原点無しと言っていたので、このラインまでは飛行出来るという事になります。

e0259877_20525764.jpg
これが先日、機体カメラの映像です。
最初のクローバーを抜けた所です、水際が左に見えて飛行場よりの所を飛んでいるという事は175m位でしょうか。

e0259877_205382.jpg
こちらはトライアングルで機首を下げた所です。
これはちょっと水際よりですね、180mという所でしょうか。

こんな感じでグーグルアースと機体搭載カメラで飛行距離を測ってみたという研究でした。
[PR]
# by flighthobby | 2012-05-11 21:11 | フライト | Comments(7)
e0259877_8322687.jpg
Super STAGE-EXのリンケージの様子を紹介します。
今回搭載した受信機は3chのS.BUSなので各サーボにチャンネル設定をします。

e0259877_8325259.jpg
エレベーターサーボに使用した9070だけは18MZ送信機に対応していないのでPCからUSBアダプターを使って設定しました。

e0259877_8331687.jpg
エルロンサーボ搭載し、ホーンの位置を決めます。
下穴を開けたら接着剤(エポキシ)を付けて確実に固定します。

e0259877_8333492.jpg
サーボホーン側にユニバーサル式、エルロンホーン側にはBBアジャスターの組み合わせです。

e0259877_8492617.jpg
ラダーはダイレクトなのでホーンは片引き用に取り付けます。

e0259877_8335392.jpg
エレベーターもダイレクトなのでこの位置にサーボを取り付けます。

e0259877_83471.jpg
S.BUS用の延長コードにエレベーター、ラダーサーボのコネクターを差込み、抜けないようにテープ等で巻いておきます。

e0259877_8342329.jpg
ラダーホーン側にBBアジャスター、サーボホーン側にユニバーサルの組み合わせです。

e0259877_834359.jpg
エレベーターは水平尾翼にホーンが付属しているのでそのまま連結するだけです。
サーボは以上で終わりです、全てダイレクトなので簡単です。

e0259877_835496.jpg
次に受信機やアンプの搭載ですが、画像のベットが機体に付属しています。
これにマジックテープ(別売)で固定します。

e0259877_8352114.jpg
メインバッテリーの搭載ベットも付属しています。

e0259877_8353843.jpg
モーターは乗せるだけ、特に何もありません。
アンプは配線が届く範囲でこの位置に決定!

e0259877_8355616.jpg
受信機バッテリーはリフェの800mAをこの位置に搭載。
電動機の場合、800mAで7~8フライトは出来ます。

e0259877_9455095.jpg
防振と脱落防止にマジックテープののり付きを使用しました。アンプと受信機も。

e0259877_9461196.jpg
メインバッテリーもマジックテープのり付きとバンドで2重に対策します。

以上でリンケージ終了です、特に紹介したい裏技も何もありませんでした、とても簡単シンプルの一言です。

e0259877_9513844.jpg
後はニュートラルの確認と送信機側のデーター入力だけです。
[PR]
# by flighthobby | 2012-05-09 09:06 | SuperSTAGE-EX | Comments(2)
e0259877_17581946.jpg
今日の午前中は小雨が降ったり止んだり、昼から晴天になるも左前の強風です。

e0259877_17584090.jpg
予選組は雨が降っても強風が吹いても帰りません、飛ばせるチャンスを狙って練習あるのみです。

e0259877_17585596.jpg
今日のメインイベントは製品版第1号、mamuさんのSuperSTAGE-EXの初飛行です。
塗装完成重量は1920gと試作第1号と同じでしたが全備重量がスピンナーとフローティングモーターの差の分だけ重くなり4620gで仕上がりました。
条件は良くありませんが初飛行決行です。結果は下記の動画で。

e0259877_17591796.jpg
2台並ぶと良いですね

e0259877_17593037.jpg
試作機に比べ製品版は更に進化しています。
性能面で生地の仕様は同じですがデザイン、色使いに若干の改良をしています。

e0259877_17594429.jpg
強風で飛ばされない様にアンカーしています。


初飛行の映像です。
オーナーさんにも気に入って頂けたみたいで安心しました。

オーナーさんのブログはこちら
[PR]
# by flighthobby | 2012-05-06 18:28 | T.F.Cレポート | Comments(7)
e0259877_1921745.jpg
5月5日いつものF3A予選組が朝から練習しています。
今日は度付きサングラスが出来たので、早速かけて見ましたら、遠くがよく見えます、若い頃の視力(1.5)に戻った感じです。

e0259877_1924261.jpg
お昼前にヘリ組も到着。

e0259877_1931742.jpg
エンジンヘリと電動ヘリ。

e0259877_1925737.jpg
着陸後のモーター温度は50~53度、早速冷却ファンで冷やします。10分タイマーで余裕で常温に戻っていました。
ファンタジスタも上部ハッチなのでそのまま使えます。

e0259877_19233100.jpg
昼すぎにこんな軍用ヘリが通過しました。

e0259877_19225313.jpg
それも3機編隊や4機編隊が2回も、航空ショーでも無さそうだし珍しいです。

e0259877_1933410.jpg
ZLIGNさんのカメラを機体に取り付けて撮影してみました。


機体搭載カメラの映像、空撮目的では無いのでP-13演技が分からなければ面白くないと思います。


2回目の映像、1回目と殆ど同じ。

e0259877_1934859.jpg
BANさんの機体にも付けてみました。


BANさんのビンゴに付けた時の後ろ向き映像。
[PR]
# by flighthobby | 2012-05-05 19:29 | T.F.Cレポート | Comments(14)
e0259877_1627051.jpg
今日は関西からTSさん羽根田さんが飛ばしに来てくれました。

e0259877_16271163.jpg
せっかく来て頂いたのに今日は左前の爆風です。

e0259877_16272315.jpg
TSさんの電動MidRexいざ離陸。
上空も爆風のはずですが座りは良い!
電動は風があっても座りが良いのは不思議です、振動が無いからでしょうか?風の時は電動有利ですね。

e0259877_16273530.jpg
着陸もお見事!
風の様子見で待機していましたが、全然止む気配どころか一層強くなって来た感じとなり、その後は飛ばせず終いでした。
お気をつけてお帰り下さい。
[PR]
# by flighthobby | 2012-05-04 16:45 | T.F.Cレポート | Comments(3)
e0259877_1874530.jpg
以前に掲載していたモーター冷却ファンですが、当クラブ員に電子回路に詳しい方がいまして、この回路を作ってくれました。
ファンをスタートしてから10分後に自動で止まる装置です。
これで止め忘れの心配が無くなりました。
製品化も検討したいと思います。
[PR]
# by flighthobby | 2012-05-03 18:34 | 開発部 | Comments(4)
e0259877_22581767.jpg
先日予告した鏡面仕上げの方法を紹介します。
1回目のクリヤーで段取り研磨後、2回目の仕上げクリヤーを塗っています。
まず最初にアシレックスオレンジ#1500キャノピーハッチは曲面なのでパットはMネオソフトを使用。
全体の50%程度がつや消しになる程度まで研磨します。

e0259877_22583263.jpg
次にスーパーバフレックスグリーン#2000で90%つや消しになるまで研磨します。
空研ぎなので研磨の状況がよく分かります。

e0259877_22585083.jpg
更にスーパーバフレックスブルー#2500パットはアシレパットソフトで100%つや消しになるまで研磨し、仕上げにブラック#3000で磨き残しが無いようにチェックしながら丁寧に研磨します。
これら全て空研ぎでOK!水は一切使わないのでバルサ製の機体には最適ですし、研磨状況が一目で把握できる利点があります。



テロップ入りの解説動画です、詳細に説明していますのでご参考に!



e0259877_23283287.jpg
いよいよ艶だし作業のコンパウンド編です。
ここではスーパーバフレックス#3000で仕上げてありますのでコンパウンドは極細目からスタートします。
ポリッシャー工具を使う場合はウールバフから使用します。

e0259877_23311495.jpg
エッジの部分は小さいパットで丁寧に!

e0259877_23323517.jpg
最後はスポンジバフを使って超微粒子コンパウンドで仕上げます。



テロップ入りの解説動画です、コンパウンドで光っていく様子がよく分かると思います。
是非チャレンジしてみて下さい。
[PR]
# by flighthobby | 2012-05-01 23:22 | 製造部 | Comments(6)
e0259877_16175620.jpg
今日は朝から微妙な天気でしたがとりあえず飛行場へ、F3A組が小雨の中、待機していました。

e0259877_161811100.jpg
雨のやみ間になんとかフライト出来ます。

e0259877_16182219.jpg
風も吹いたり止んだりでしたが人数が少ないので結構フライトできます。

e0259877_16185468.jpg
アイオロスとファンタジスタを初めて飛ばさせて頂きました。
2機ともナイフエッジの癖取りが不十分なのでミキシングの入れ方の講習です。

e0259877_1619455.jpg
再び小雨が降ってきて止みそうに無かったので本日撤収です。
[PR]
# by flighthobby | 2012-04-30 16:32 | T.F.Cレポート | Comments(5)
e0259877_17221688.jpg
4月29日の飛行場
いつものF3Aメンバーと小型電動機、電動ヘリが集まっています。

e0259877_17223882.jpg
午前中は風が無かったのですが午後からなにやら変な風になってきました、天気が崩れる時に吹く特有の風ですね。
今日は暑かった、もう夏が来たって感じで真っ赤に日焼けをしてしまいました。

e0259877_1722531.jpg
先日初飛行した自設計の電動F3A機。
おおむね良好そうで細かい調整と演技の練習をしていました。

e0259877_172385.jpg
今日は暑かったので先日作った冷却ファンが大活躍です。

e0259877_17232159.jpg
こちらは、なにやら充電が出来ないとかで四苦八苦しています。
今日のメンバーの中で唯一のエンジン機となってしまい、当クラブでも排気の臭いがする事が珍しくなりました。

今日の動画
[PR]
# by flighthobby | 2012-04-29 18:03 | T.F.Cレポート | Comments(2)
e0259877_22272388.jpg
段取り用の1回目のクリヤーを研磨し2回目の仕上げクリヤーを塗った状態です。
これをスーパーバフレックスシリーズを使って空研ぎだけでピカピカに仕上げる方法を紹介したいと思います。

e0259877_22273528.jpg
クリヤーを塗った状態でこれでも光っているから十分と思われるかも知れませんが当方と致しましてはこれでは完成納品とはいきません。
もう一手間かけてガラスの表面みたいにピカピカ仕上げをします。

e0259877_22274910.jpg
拡大するとゆず肌の状態が良く分かると思います。

e0259877_2304192.jpg
昔は水研ぎが必須だったのですが、今はスーパーバフレックスシリーズの登場で空研ぎとコンパウンドだけでご覧の様にピカピカの鏡面仕上げが可能になりました。
詳しい作業方法は動画を編集しておりますので後日アップしたいと思います、興味のある方はもうしばらくお待ち下さい。
[PR]
# by flighthobby | 2012-04-28 22:51 | 製造部 | Comments(0)