ブログトップ

Flight Hobby Blog

flighthobb.exblog.jp

フライトホビー情報の発信等

<   2012年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧


3D設計はこんな感じです。
機体の構造やパーツの構成、完成のイメージが2D設計の時より、直感的に設計出来る様になりました。
このデーターは電動110クラスの新型機です、フライングテール仕様でエレベーターサーボは1個でOK。
モーターはフタバ製FMA-5065とベルトダウンユニット(現物待ち)が標準に搭載できる様にする予定。
現在は組立確認中で夏頃には発売開始したいと思っています。
[PR]
by flighthobby | 2012-03-31 14:48 | Comments(4)
e0259877_2117932.jpg

Super STAGEに搭載しているベルトダウンユニットの販売を開始致しました。
品薄の為、納期に2週間ほどかかる場合がございます。

同時にアンプはフタバ製を取り扱います。ショップページはこちら

ちなみにSuper STAGEに搭載しているのはC50-14XL仕様です。
プロペラは20.8-13.7~14.3、20.5-13.6~14.2あたりが回せます。
特にお勧めは20.8-13.9SE、現時点で機体とのマッチングもベストです。

セッティングデーターも近日公開したいと思いますが4Cエンジン機の時と何の違和感なく飛行出来ます。
それどころかパワーは余る程あり、スロットルカーブやモーターの立ち上がりディレーで任意にレスポンスが調整でき、ブレーキまで調整可能なので設定次第でどうにでも出来るって感じが魅力です。
[PR]
by flighthobby | 2012-03-30 21:42 | 販売部 | Comments(0)
e0259877_17302056.jpg

今日の午後から、ちょこっと飛行調整に行って来ました。
風は結構強かったのですが4フライトでき、だいぶ調整も仕上がりつつあります。
プロペラは20.8-13.9SE。
調整が仕上がったら舵角や無線機データーを全て公開致します。

e0259877_17354317.jpg

クラブ員のヘリが3Dフライトしています。



初飛行から5フライト目の調整飛行、P-13をやりながら様子を見ています。
高画質で再生OK!



初飛行から6フライト目の調整飛行
P-13をやってみた。
機体の性能、特性は良さそうなので、あとは腕を磨くだけ。
[PR]
by flighthobby | 2012-03-29 19:04 | フライト | Comments(4)
e0259877_22474490.jpg

完全生地完成機と塗装済完成機の受注生産を開始致しました。詳しくはこちら
良質バルサの安定入手が可能となりましたので、完成重量をお約束させて頂いております。
生地完成機1.6kg以内、塗装完成機2kg以内、適材適所に材料を使い分け、強度を損なう事なく、軽量に仕上げる事が可能になりました。
もちろんキットも同じ材質の物を使用しますので軽量に仕上げる事が出来ると思います。
納期はご注文のタイミングによりますので改めてご案内させて頂きます、ただ今の納期 生地完2~3ヶ月、塗完3~4ヶ月を予定しております。
組立キットも急ピッチで作業を進めておりますので、もうしばらくお待ち下さい。
[PR]
by flighthobby | 2012-03-28 22:38 | SuperSTAGE-EX | Comments(0)
e0259877_18584412.jpg

当店が扱うバルサは原木ブロックの仕入れから。

e0259877_1848416.jpg

ブロックの段階で、ある程度、選別しておきます。

e0259877_185122100.jpg

手押しカンナをかけて。

e0259877_1852242.jpg

バンドソーでシート状にカット。

e0259877_19212654.jpg

ワイドサンダー機でペーパーがけするとバルサシートのできあがり。
規格に関係なく好きな厚さに製材可能です。

e0259877_19124784.jpg

e0259877_1913419.jpg

シートの種類とグレード分けにストックしています。
[PR]
by flighthobby | 2012-03-28 19:02 | 製造部 | Comments(0)
e0259877_9162957.jpg

3Dで作成した部品を2Dデーターに変換し、部品番号を入れて行きます。
今回の構造の着目点は主尾翼プランク材も含め全てのパーツが部品化され、原寸図無しで主尾翼平面型も定まる様にしています。
構造もとてもシンプルで無駄が無く、正確で組立やすい様に工夫しました。

e0259877_916413.jpg

各部品を材料別に配置します。

e0259877_9164941.jpg

材料ごとにレーザーカットの配置をし、部品カットの始点、終点、加工順序等を編集します。

e0259877_9385976.jpg

レーザーのパワー、加工スピード等、機械の動き方のデーター編集をし、最終確認します。


カットデーターの加工順序が正しいかチェックしている様子。

e0259877_1216973.jpg

出来上がったデーターを2台のレーザー機でカットします。

e0259877_1245172.jpg

奥に原寸図面様のプロッタが見えます。

続く・・・・
[PR]
by flighthobby | 2012-03-27 09:45 | 開発部 | Comments(2)
e0259877_21124216.jpg

初飛行も無事に終えた結果、設計変更も無く発売開始出来そうなのでこの機体の原点である設計風景を紹介させて頂きます。
以前のSTAGEまでは2Dの設計で、取説は現物を写真撮りして作成していましたが、今回は3Dで設計しましたので取説もデジタル化でき、プラモの取説みたいに分かりやすい内容かつ格好良く出来そうです。

e0259877_2134741.jpg

各部品は3D空間の中で部品が配置されるべき所で設計して行きます、はめ合わせ等のミスも無く、パソコンの中で組立確認が出来るメリットがあります。
この設計データーを基に次はレーザーカット用のデーターに変換します。
続く・・・
[PR]
by flighthobby | 2012-03-26 21:47 | 開発部 | Comments(2)
e0259877_16314222.jpg

午前中テストフライトに行きましたが、強風で飛ぶのが精一杯の条件だったので、調整まで至りませんでした。
強風の中でのフライトで分かった事は、今回の機体にSTAGE-90の翼型を採用したので風に強く、翼の揺れが非常に少ないのが特徴的でした。
翼厚は13%、向かい風でもパワーでグイグイ走らせる事もでき、スローフライトでも十分な浮きと張り付きが得られました。
もうひとつ、フライングテールは初動が敏感ではなく(エレベーター方式より鈍感)エクスポネンシャルはあまり効かさなくて良い感じです。現在EXP -5%

e0259877_17131672.jpg

裏面のデザイン。

e0259877_17135868.jpg

胴体の底は船底みたいな形状でセンターエッジになっています。

e0259877_1715538.jpg

アンプはフタバ製100Aを搭載、日本語取説で設定も簡単です。

e0259877_17155724.jpg

受信機はこの位置、キャノピーがフルカーボンなのでアンテナ先端はキャノピー後部と底部に配置。

e0259877_17171524.jpg

モーターは50プロダクト製ベルトダウンユニット、ハッカーC50-14XL仕様でプロペラは当店オリジナル20.8-13.9SE
降下時のブレーキの効きも良く、現在ブレーキ設定15%
[PR]
by flighthobby | 2012-03-25 17:22 | SuperSTAGE-EX | Comments(0)

初飛行直後の調整フライトの様子。
フォーカスとズームが見苦しいですがご了承下さい。
ある程度調整が出来ましたらP-13パターンをフルに撮影してみます。
[PR]
by flighthobby | 2012-03-25 09:27 | フライト | Comments(0)
e0259877_2154693.jpg

販売価格は以下の通り、設定させて頂きました。

組立キット(FRP仕様)¥89,250円(脚別売)
組立キット(カーボン仕様)¥94,500円(脚別売)

完全生地完成機(FRP仕様)¥246,750円(脚別売)
完全生地完成機(カーボン仕様)¥252,000円(脚別売)

塗装済完成機(FRP仕様)¥446,250円(固定脚、尾輪付属)
塗装済完成機(カーボン仕様)¥451,500円(固定脚、尾輪付属)

電動F3A機の良さを知って頂き、少しでも多くの皆さんに慣れ親しんで頂きたいと思い、MADE IN JAPANの本機で限界の価格にて提供させて頂きます。

電動化に必要な装備品から周辺機器まで随時取り扱って参りますのでご期待下さい。
[PR]
by flighthobby | 2012-03-24 22:23 | SuperSTAGE-EX | Comments(0)